側弯症は治る?腰痛や背中の痛み、しびれを改善する方法について

・側弯症の「治る」の定義を考える

側弯症で悩んでいる人、またはお子さんが側弯症だという人は、側弯症は治るのかという疑問をもっている人もたくさんいると思います。

インターネットなどで側弯症について調べてみると側弯症は絶対に治るとか側弯症は完治するという言葉を目にすることができます。ここで「治る」というのは何をもって治ると言っているのでしょうか。

側弯症を言うのは、脊柱が10度以上横に曲がってしまうことを指すものなので、側弯症が治ったというのであれば、曲がっていた脊柱が真っ直ぐに戻った、もしくは10度より少ないカーブになったということになると思います。

しかし、現時点で科学的根拠あると認められている治療方法は装具治療(専用のコルセットで固定する)と言われるものだけで、その装具治療でも側弯症が悪化するのを抑えることはできても、曲がっているものが真っ直ぐに戻すことができるというわけではありません。

では、ネットで紹介されているような「治る」というのは何なのかというと、おそらく側弯症によって併発してしまう身体の不調を治すことができるということだと考えられます。

見た目にも明らかに身体が曲がっているのがわかり、日常生活にも大きな支障があるというほどの重度な側弯症であれば、背骨の曲がりそのものを何とかしなければということになると思いますが(カーブが50度以上という重度の場合は手術が検討されます)、軽度の側弯症の人であれば、背骨の曲がりよりも、それによって併発している腰痛や背中の痛み、しびれなどを何とかしたいと思っている人が多いと思います。

例えば、側弯症によって腰痛に悩まされていた人が、整体やカイロプラクティック、ストレッチなどの方法によって、筋肉をほぐすことで痛みが解消することができたという人は、背骨の曲がり自体は治っていなくても側弯症が治ったと思っている人が多いと思います。

現在、側弯症によっていろいろな身体の不調に悩まされている人で側弯症って治るのか?と思っている人は、曲がっている背骨が真っ直ぐに治るというのではなく、身体のバランスを整えたり、周辺の筋肉をやわらかくすることなどによって、併発する身体の不調を解消することはじゅうぶんに可能だと思っておくとよいと思います。ただし、側弯症の原因は不明なものが多くいろんな要因が混ざっている場合もあります。併発する身体の不調も治すことは可能ですが、治していくには専門家に診てもらって正しい治療方法を行なっていく必要があります。

側弯症を治す方法ならこれが一押し!!『福辻式腰痛改善ストレッチ』