辛い・・・。側弯症による痛み、改善するにはどうしたらいい?

・その痛み、側弯症かも?

あなた現在このような症状で悩んでいませんか?

・長時間座っていると背中が痛い
・上を見ると首が痛くなることがある
・腰や背中に違和感や痛みがある

長時間のデスクワークや、激しいスポーツ、長距離運転など身体に負担をかけている自覚があって、きちんと休みをとると痛みも軽減するという人は、痛みは辛いけどそのままにしているという人も多いと思います。しかし、将来的にもずっとこのような痛みを抱えたままかと思うと大きな悩みですよね。

このような症状がある人は側弯症の可能性も考えられます。側弯症というのは簡単に言うと背骨が曲がってしまっている状態のことです。側弯症になることによって、首、背中、腰などの痛みの他にも

・手足のしびれ(神経トラブル)
・便秘、軟便(内臓トラブル)
・やる気がでない(鬱状態)
・疲れやすく、疲れがなかなかとれない

という人は側弯症の可能性があるので、そのままにせずに医療機関で一度診てもらうことをおすすめします。

・側弯症の痛みを改善するために必要なこと

側弯症はいろいろな要因が重なったり、先天性のものもあれば外的要因の場合もあるので、ほとんどのケースで原因がわからないというのが現状です。このように原因が不明のケースが多いため改善することは難しいと言われていますが、痛みを改善していくことは不可能ではありません。

側湾症による痛みを改善していくためには、硬くなってしまっている筋肉を柔らかくすることが必要になってきます。側弯症の人のなかには筋肉が凝り固まってしまうことで側弯症となってしまっている人もいるので、そういう人は筋肉を柔らかくすることで痛みだけではなく側弯症自体も改善されるケースもあります。

凝り固まった筋肉を柔らかくするためには、ストレッチやエクササイズなど自宅でできるものもありますが、間違った知識や方法で行なってしまうと効果がないどころか逆効果になってしまう可能性もあります。

よって、ストレッチやエクササイズを行うときは自己流で行うのではなく、専門家のアドバイスをしっかり聞いて正しい方法で行なっていくことが大切です。また、普段から身体を凝りかためてしまう原因となるものもできるだけ排除する必要があります。

家事や仕事など行なわなければならないこともあるでしょうし、完全に排除するのは難しいかもしれませんが、同じ姿勢を続けずに小休止をとるなどの対策をとって痛みを改善していきましょう。

【インチキ?】側弯症の名医福辻鋭記氏による治療法って効果あり?効果なし?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする