効く?効かない?側弯症に体幹トレーニングは有効かどうか調べてみた

・側弯症のケアについて

「側弯症による痛みを何とかしたい」
「将来もっと痛みが悪化するのではないか不安だ」

側弯症と診断された人はいろいろな悩みや不安をもっていると思います。しかし、側弯症のケアをどのように行なっていけば良いのか分からないという人も多いのではないでしょうか。

側弯症のケアをするときに基本となるのが身体のバランスを整えることです。側弯症は脊柱が横に曲がってしまっている状態なので、それに伴って筋肉のバランスも崩れてしまい、筋力が低下したり筋肉が凝り固まったりしやすくなります。

こういった身体のバランスの乱れがコリや痛みの原因となってしまいます。なので、身体のバランスを整えるようなケアをしてくことによって、側弯症自体の改善ができなかったとしても痛みを改善していくことができるのです。

側弯症の人でも身体のバランスが整っていて痛みも全くない人もいれば、側弯症ではないのに身体のバランスが乱れてしまっていて痛みを持っている人もたくさんいます。

側弯症のケアを行なっていきたいという人は身体のバランスを整えることを意識していきましょう。

・体幹トレーニングで身体のバランスを整えよう

身体のバランスを整えるといっても、具体的にどのようなことを行なっていけばよいか分からないという人も多いと思います。

身体のバランスを整える方法として体幹トレーニングを行うこともおすすめです。体幹というのは脊柱内外の筋肉や、肩甲骨、配筋、股関節などいわゆる胴体全般を指します。体幹をしっかりと鍛えることで身体のバランスを整えたり、バランスが崩れにくくすることが期待できます。

ここでも体幹トレーニングの一例を紹介したいと思います。

「プランク」
1、両肘をついて、うつぶせになります(肘は肩の真下の位置につけます)
2、身体を浮かして前腕と足のつま先だけで身体を支えます。(身体は真っ直ぐ)
3、その状態を10秒くらいキープします。


1~3を1日3セットくらい行いましょう。腹筋、背筋、臀部の筋肉に負荷がかかっているのを意識しながら行うのがコツです。

このプランクが簡単にできるという人は、1、2の後に片足を上げてキープするとより負荷を与えることができるので試してみるとよいでしょう。

プランクは身体のバランスを整えることができるのはもちろんのこと、お腹やお尻の引き締め効果も期待できるので、見た目のよいキレイなボディをつくっていくことができるので、すごくおすすめです。

側弯症を治す方法ならこれが一押し!!『福辻式腰痛改善ストレッチ』