側弯症と食事、食べ物との関連性はあるのか?

・食事や食べ物が側弯症の原因となる?

側弯症に悩まされている人のなかには側弯症と食事と関係があるのかという疑問をもっている人もたくさんいると思います。

「栄養の偏りが側弯症の原因となることがあるの?」
「側弯症を改善していくためにおすすめの食べ物はあるの?」

という疑問を持っている人は多いと思いますが、結論から言えば栄養素の偏りが原因となって側弯症になるということは現時点で科学的に証明されていません。実際、世界に目を向けてみると、食べ物が不足していて満足に食事を摂ることができないようなところの人達に側弯症の人が多いということもありません。

では側弯症の人は、食事や食べ物に気を配らなくても良いのでしょうか。骨や筋肉をつくっていくために必要な栄養素をしっかり摂ることはすごく大切です。

特に、まだ骨の成長が終っていない子供にとっては栄養バランスのとれた食事を摂ること、新鮮な食べ物を食べるということはすごく重要ですし、科学的に証明されていないとはいっても、側弯症と全く無関係と切り離すべきではないでしょうか。

・側弯症とカルシウムの関係

骨を形成していくうえでカルシウムが欠かせないというのは多くの人が知っていると思います。側弯症というのは背骨が曲がっている状態のものなので、カルシウムをしっかり摂っていくのが予防や改善につながるのではないかと考える人もいると思います。

カルシウムは骨の形成する際に主成分となるのはもちろんのこと、筋肉の収縮やそれに関係する神経の働きにも必要が栄養素です。カルシウムは体内ではつくり出すことはできないので、体外から摂取するしか補給する方法はありません。なので、偏った食生活でカルシウムが不足してしまうと、背骨が軟化してしまい、その結果、支える筋肉もかたくなってしまいます。

現時点でカルシウム不足による背骨の軟化や筋肉がかたくなることで側弯症を引き起こすということは実証されているわけではありませんが、このような事実を知ると全く関係ないとは考えにくいですよね。実際、側弯症の人の骨を調べてみると、カルシウムが不足気味で骨が軟化している人が多いということも分かっています。

側弯症のいうのは原因がハッキリしていないケースが多くいろいろな要因が重なっていることもあり、カルシウム不足だけが原因となるということは考えにくいですが、しっかりとカルシウムは摂っていくことは大切だということは間違いないと思います。

こちらもぜひご覧になってください ↓ ↓ ↓

【インチキ?】側弯症の名医福辻鋭記氏による治療法って効果あり?効果なし?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする